全日本女子バレーの歴代セッター竹下以外はだれ?

Pocket

0-03FIVBワールドグランプリ2014の決勝ラウンドが
18日から東京で始まっています。

今現在、日本は世界ランキング3位にいますが
「火の鳥NIPPON」の女子チームとしてとしては
今年は世界一を目指しているそうです。

スポンサーリンク


女子バレーと言うとやはり要はセッターでしょうね。
単純に考えて、良いトスを上げてもらわない事には
スパイクも決まりませんから。

セッターと言えば、思い浮かぶのは竹下佳江選手。
スポーツ選手、特に長身長のバレーボール選手の中の
159センチという身長で、見た目は小さくても

試合中は身長を感じさせないレシーブ力とトスさばき。
ついつい竹下選手たのむよ!っていう場面も多かったです。

昨年2013年に引退されて、今は日本バレーボール協会の理事を
されているそうです。

竹下選手以外のセッターというと・・・

古くは中田久美さん。

中学3年の時に全日本の代表に選ばれ、当時は天才少女と
言われていました。

今現在はバレーの指導やタレント活動でも有名ですが
中田久美といえばフジテレビの「すぽると」の
「てめえら、この野郎!」が有名ですね。

あれ以来「恐い」というイメージがついて回っているとか。
そして今開催中のワールドグランプリで注目されている
高校生の宮下遥さん。

ポスト竹下と言われていて、あの「恐い」中田久美さんも
「あの子はスジがいいから、モノになる」とのお墨付きの
注目選手です。

歴代のセッターの中で一番の高身長の中田久美さんに次ぐ
高身長の176センチ。

ファンの間では「バレー界のあまちゃん」とも呼ばれているらしくて
昨日の試合を見ていても、納得だなって思いました。

3セット目の前半で10点をリードした時は
感動モノでした。それも宮下選手のブロックポイントが
きっかけですから。

21日のトルコ戦も勿論大注目ですね。

スポンサーリンク

Pocket

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

リンク

mytaste.jp