公開日:

高齢者の熱中症予防 は便利グッズを利用しましょう

Pocket

毎年夏になると、手軽に涼をとれる便利グッズが
いろいろと売られますが、高齢者の方もこのような
便利な涼感グッズを、積極的に利用すると良いですね。

特に高齢者におすすめなのが、熱中症計です。
いろいろな形のものが売られていますが



こちらのものは、温度、湿度と共に
熱中症の危険度を示す指数が厳重警戒に
なるとアラームで知らせてくれます。

目で見てわかるものが、使いやすいと思います。

スポンサーリンク



他にも、外出の時に衣類に吹きかけるだけで
涼しさを感じられるスプレーや

触ると冷たく感じる「接触冷感素材」のシーツなど
毎日の生活の中で上手に取り入れて
酷暑を乗り切って、涼しい秋を待ちましょう。

で、ここで終わってしまうと熱中症の予防について
まだ何も書いていないので、ここからは高齢者の
熱中症を普段の生活の中から予防する方法を
書いていきます。

熱中症になる時に、筋肉量と体の活動量が大きく
関わってきています。

筋肉というのは「第二の心臓」とも言われていますが
血液の運搬の他にも水分の貯蔵庫の役目も
になっています。

でも悲しいことに、筋肉も運動量も年齢とともに
みるみるうちに劣ってきますし、それを実感できます。

そこでこの筋肉、運動量の減少をできるだけ少なくして
暑さに負けない体を作る方法が考えられました。

「インターバル速歩」といいます。

簡単に説明しますと、自分が「ちょっときつい」と感じる運動を
一日15~30分、週に4日以上行うと筋肉がついて
血液量も増やすことができるというものです。

ただ高齢者の場合は個人差も大きいので
たとえ15分の運動でもきついと感じる方は
3分速く歩いた後は、3分ゆっくり歩く。

これを5セット(合計30分)繰り返すだけでも
良いそうです。

同じ30分でも、ただ30分ゆっくり歩いただけでは
筋肉は付きませんが、インターバル速歩で強弱を
付けた歩き方をするだけで、続けていくと
確実に効果が上がるといわれています。

それからもう一つ大切なことは、運動した後の水分補給です。
歩いた後の1時間以内にスポーツ飲料などではなく
牛乳をコップ1杯飲むと良いそうです。

運動した後の筋肉は、たんぱく質と糖質を必要と
しているので、牛乳の栄養バランスがこの二つを満たしている
からだそうです。

熱中症の予防だけでなく、体力も付けて成人病の
予防、肥満解消にも効果があると思います。

朝晩の涼しい時間帯に「インターバル速歩」を
実践してみませんか?

詳しいやり方はこちらのサイトに動画付きでありますので
参考にしてください。

寝る前の水分摂取を習慣に

もう一つ熱中症予防に大切なものが、質の良い眠りです。

夜中に何度も起きたり、朝早い時間に目が覚めたりと
高齢者になると、どうしても眠りが浅く、短くなりがちです。

これから熱帯夜が続いたり、日の出の時間が早くなると
特に起こりがちです。

寝ている間の発汗量も、夏には500~1000CCに
増えると言われています。

高齢になると暑さに鈍感になる傾向が見られて
夏でも長袖のパジャマや厚手の布団で眠ったりしている人も
少なくないそうです。

そうなると余計に寝ている間に汗で水分が失われてしまい
自覚症状もないために熱中症になる可能性もあります。

高齢者の方は「寝る前にコップ1杯の水分を取る」ようにして
枕元にも目が覚めた時にいつでも飲めるように
ペットボトルのお水を常備しておくことをおすすめします。

昼寝は認知症の発症リスクを軽減させる?

夜の睡眠の質が熱中症の予防に
大きく関係していることが分かりましたが
昼食後の昼寝は認知症の発症リスクを五分の一に
軽減させる、というデータもあります。

昼寝の時間は20~30分。
1時間以上だと逆効果だと言われています。

体力の回復の効果があり、習慣化していくと
良いことが起こりそうですね。

スポンサーリンク

Pocket

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

リンク

mytaste.jp