公開日: 更新日:

非常食はローリングストックでおいしく備蓄がおすすめ

Pocket

0-999月1日は防災の日。

天災は忘れた頃にやってくる、と言われていますが

最近は忘れる間もなく、あちこちで火山の噴火や

小さな地震がひんぱんに起きています。

阪神淡路大震災からもう23年も経ちましたが

あのドシン!とした縦揺れは、いまだに 体が覚えています。

あの頃は寝る前には必ず枕元に、貴重品を入れた

リュックと靴下を置いて寝ていました。

スポンサーリンク

今の非常食におすすめするのはスーパーで買えるもの!

10年、15年と過ぎるうちにいつの間にかあの時の事も

忘れていき、非常用の備蓄もやったりやらなかったり。

のど元過ぎれば・・・ということなんですね。

このあたりで、もう一度万が一の災害に備えて

非常食の準備もしていこうと思います。

昔は非常食=乾パン(+氷砂糖)が定番でしたが

消費期限が過ぎた乾パンを食べた時に

これを非常食で毎回食べるのはどうなの?と思いました。

のどは乾きますし、水分と一緒でないと食べにくいです。

非常時は飲み水も貴重ですから、その点でも問題ありです。

0-17

非常食には何を準備すれば良いのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞企画特集 危機管理アドバイザーの国崎信江さんのお話から

災害時に元気に過ごすためには、食べ慣れていておいしいと感じ

栄養バランスが良いものを食べるべきです。

そして避難ではなく、自宅で継続して生活をするときは

災害食=非常食という固定観念にしばられずに

普段の食事を心がければ良いと思います。

それには、普通の食材を10日分程度備蓄して

日常から古いものから順に使って補充していく。

ただ通常時は賞味期限が近いものから食べていきますが

非常時には食べる順番が違ってきます。

停電した場合、冷蔵庫の温度が上がるので

まずは冷蔵庫の物を食べつくします。

次に常温保存の物を食べて、その次が

非常食になります。

その非常食を食べるまでの間に、行政による

緊急対応がなされていきます。

調理に関しては、普段からのひと手間が必要になりますが

日ごろから旬の野菜を買ってきて、洗って下ゆでして冷凍。

こうしておけば、停電で冷凍室の温度が上がっても

自然解凍で野菜が食べられます。

その自然解凍の方法も、冷蔵庫に移せば

停電しても冷凍野菜が保冷剤になります。

災害発生直後は、ご飯を炊いておにぎりを作るより

冷蔵庫の食材を挟むだけでできるサンドイッチが手軽です。

(パンも冷凍出来ます。)

調理器具はカセットコンロとできるだけ多くのボンベを

備えておきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あえて非常食として売られている物を買わなくても

日ごろからのひと手間と、万が一の時の事を

頭のすみに置いて生活していくのが

これからは必要になってきます。

国崎さんが最後に

家庭での防災対策は「継続」が大切です。

と書かれていました。

スポンサーリンク

Pocket

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

リンク

mytaste.jp