公開日:

保護猫のためのビル「ネコビル」が大阪心斎橋にオープンします

Pocket

26756023920_f47dc01c9f_q大阪市の繁華街、ミナミに保護猫を支援するお店だけが集まった
5階建ての「ネコビル」が5月22日日曜日にオープンします。

大阪市内には保護した猫たちの里親探しをかねた猫カフェは今までも
いくつかありますが、こんな大掛かりな保護猫のためのビルは
今まで無かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「ネコビル」の中はどうなってるの?

このビルを計画し手がけたのは、保護猫カフェ「ネコリパブリック」の
運営者の河瀬麻花さん。


ネコビルの詳細ですが、1階はカフェバーで、食事やお酒を楽しみながら
猫も見られるという猫好きさん専用の嬉しいお店です。

2階には雑貨やおもちゃ、もちろん猫に関する物を販売しています。

3、4階には、猫ベッドやキャットウオークが天井近くに
設置されていて、猫たちと直接触れ合えて、また猫たちの気分次第では
添い寝も楽しめるかも?とお楽しみ満載の建物です。

猫に関する写真集約200冊や本も取り揃えてあり
添い寝がかなわなくても、写真を見て楽しむ事もできます。

最上階の5階は、今はレンタルオフィスを計画中で
室内を改装予定だそうです。

 「ネコビル」の所在地

名称  ネコリパブリック大阪心斎橋

住所  大阪市中央区東心斎橋1

電話  06・4708・3889

このネコビルには、大阪府内のボラティア団体が保護した
生後8カ月以上の保護猫たちが今現在22匹います。

このネコビルの入場料などで保護猫たちの飼育費用や運営費を
まかなっていくそうです。

気に入った保護猫がいたら?

このネコビルが作られた目的は、運営者の河瀬さんが
猫の殺処分ゼロを目指して、各地で保護猫カフェを営み

「多くの人に保護猫のことを知ってもらい、新しい飼い主さんと
保護猫とをつなぐ拠点にしたい」との思いがあってのことなので

たくさんの人にお気に入りの猫と出会って欲しいものです。

ちなみに、保護猫さんを家に迎え入れたいと思った人は
スタッフさんとの面接があり、その後それまでに保護猫にかかった
医療費の負担やその他の条件を話し合って譲り受ける事ができます。

保護猫というと、飼い主に捨てられたり、その猫たちが生んだ野良猫
だったりが保護されてきているので、健康状態が
良くない猫たちがほとんどです。

ボランティア団体さんの譲渡の条件は
ちょっと厳しいかな?と思われているようですが


もう一度悲しい目に会わない様に、終生飼育をしてもらえる
飼い主さんを探すためのものですので、ぜひクリアして
飼い主さんも猫さんも、楽しい猫生活を送ってもらいたいですね。

まとめ

2014年度に殺処分された猫の数は、約8万匹に上るそうです。
(環境省による)

河瀬さんの想いは「飼い主さんが保護猫を迎え入れるという
文化が広がっていけば、この数字をもっと減らすことができます」

この言葉に込められた想いを、この記事を読まれた人達にも
届ける事ができたら嬉しく思います。

猫だけではなく、犬の殺処分を減らす取り組みも
全国で始まっています。

例えば

岡山県では
岡山発!!ペットショップで保護犬を譲渡する理想のビジネスモデルが日本でも!!


広島県では
犬の殺処分ゼロにNPOが保護施設


広島市では
1年以上、殺処分機を稼働していない 広島市動物管理センターと高校生ボランテイア


札幌市では
犬の殺処分2年連続ゼロ 札幌市「命守る努力続ける」 ボランティア団体協力、譲渡率が向上 /北海道


まだまだ探せばありますが、どんどん良い方向へ向かって
近い将来、殺処分ゼロが当たり前の日本になって欲しいものです。

でもその前に、犬猫を家族に迎えたら終生飼育する
という飼い主さんの覚悟が、何といっても一番大事な事だと思います。

(license)

スポンサーリンク

Pocket

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

リンク

mytaste.jp